SHIGOIGA委員会

仕事<趣味の30代男性。本の話題を中心に、書きたいことを自由に書いていきます。

最新の国際問題を知るにはこの一冊 「知らないと恥をかく世界の大問題8」(角川新書) 池上 彰著

 

 

 

こんなことを書くと著者は怒るだろうけれど、新聞なんて読まなくても、一年に一回、このシリーズだけ読んでおけば世界のおおまかな状況はわかっちゃうんじゃないか

 

読みながらそんな思いさえ抱いてしまうくらい、直近の国際問題について易しく詳しく解説してくれる人気シリーズの8作目。

今回はイギリスのEU脱退、イスラム国の衰退、トランプ大統領誕生、金正男暗殺など、去年の夏から今年にかけて起こった世界の出来事についてを解説する。

 

 

何が起こったか? という具体的な経緯をまとめたものや、これからこんな問題が起こるんじゃないか、という展望もあるのだけど、何より一番ページを割いて書かれているのが、「なぜそれが起こったか?」という疑問だ。

  • なぜトランプが大統領になってしまったのか。
  • なぜイギリスはEU脱退に舵を切ったのか。
  • なぜ世界中で「自国ファースト」の動きが起こっているのか。
  • なぜイスラム国が誕生したのか。
  • なぜ金正男は暗殺されたのか。

この一年、世界で起こった大きな出来事について、過去にさかのぼって根本の部分から丁寧に説明してくれる。

特にイスラム国に関しては、ロシアのアフガニスタン侵攻までさかのぼって、湾岸戦争・9.11・イラク戦争と、順を追ってイスラム国誕生までの流れを解説するので、ここ40年の世界史の大枠をつかみながら理解することができる。

ちなみに答えを示してくれる疑問はこれだけじゃない。

 

  • なぜ北朝鮮世襲体制なのか。
  • なぜメキシコで麻薬戦争が勃発しているのか。
  • なぜロシアではマフィアが活発に活動し始めたのか。
  • なぜパキスタンのような小国が核を持っているのか。
  • なぜ韓国人から反日意識が消えないのか。

 

こんな、今まで不思議と思わずに物事の前提としてあっさり受け入れていたような事柄も、そうなるまでの事情を教えてくれる。

 

 

 

事実を知るだけだとつまらないけど、「なぜ」を知って物事の裏側や因果関係を知ると、途端にニュースって楽しくなる。

上に箇条書きにした疑問点、少しでも答えがわからない人には本書をお勧めしたい。

世界の見方・ニュースの見方が間違いなく変わる。

 

 

 

関連記事

 

sinsyo.hatenadiary.jp

 

同シリーズの過去作はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)